おすすめ記事

1

1.電験3種独学合格に必要な勉強時間 一般的に、独学で電験3種を取得するための勉強時間の目安は1,000時間と言われています。 1日3時間を1年間続ける位の時間です。そう考えるとなかなか根気の必要な資 ...

静電気

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】1-0. 静電気の概要

電験3種における静電気単元の重要性
静電気の基本(電荷と帯電)

詳しく読む

2-1.磁気力

電磁力

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】2-1. 磁気力

磁石の性質 さて、これまで静電気について学習してきました。実はこれから学習する磁石の力(磁気力)は、静電気とほとんど同じ考え方で説明する事ができるんです。静電気と磁石が同じ理屈で説明できるなんて、普段生活していたら思いもしませんよね。 磁石が鉄などの金属を引きつける性質を「磁性」と呼びます。また、磁石の先端の一番磁力の強い場所を「磁極」と呼びます。地球の最北端(先端)に北極があるように、磁石の先端は磁極があると覚えましょう。また、これはご存知だと思いますが、磁石にはN極とS極があり、それぞれ正電荷と負電荷 ...

詳しく読む

3-1. オームの法則

直流回路

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】3-1. オームの法則

直流回路の基礎 小学校でも習う直列回路は電気の基本とも言える単元です。電験3種でも頻出問題となっています。複雑な回路の問題も出題されますので、基礎を押さえておかないと正答することは難しいとも言えます。 まずは下の図を見て水車が回るイメージを持ってください。水は高いところから低いところに流れます。その過程に水車があれば、水車を回してでも下の水槽に行こうとします。だから水車が回る、と言うことをイメージして下の説明に進んでください。 電圧 電圧とは電気的な圧力のことであり、電流を流すために必要な要素です。静電気 ...

詳しく読む

4-1.交流とは

単相交流回路

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】4-1. 交流とは

交流とは 直流は電流の向きや大きさが常に一定ですが、交流は少し勝手が違います。イメージとしては、電気が常に行ったり来たりしており、電流の大きさも刻一刻と変わってゆきます。直流は電池、交流は家庭にあるコンセントに使われています。交流の利点は変圧のしやすさにあります。発電所から発電された電気はとても高圧で、それが電柱の変圧器によって家庭で使える電圧になって電気が配られていきます。そのため、変圧のしやすさがとても重要であるから、家庭用のコンセントは交流なのです。 周波数と周期 周波数(記号:f)とは、1秒間で繰 ...

詳しく読む

Copyright© これでわかる電験3種 , 2021 All Rights Reserved.