単相交流回路

4-4.RLC直列回路

単相交流回路

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】4-4. RLC直列回路

交流電源の頻出項目としてR(抵抗)L(コイル)C(コンデンサ)が混在する回路の計算方法をご紹介します。今回はRLCが直列につながれた場合を考えていきましょう。 コイルはかけた電圧に対して「電流の位相が遅れる」コンデンサは「電流の位相が進む」でしたよね。RLCと混在する回路では合成インピーダンスというRLCの抵抗要素を合成したものを求めて計算します。この合成インピーダンスは大きさと向き(位相のズレ)の要素があるので、ベクトルで表します。 RLC直列回路の考え方 分岐のない直列回路では、どの位置でも流れる電流 ...

4-3. RLC回路の基礎

単相交流回路

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】4-3. RLC回路の基礎

ここでは、交流回路のとても重要な単元であるRLC回路の計算に必要な基礎知識を勉強していきます。ちなみにRは抵抗、Lはコイル、Cはコンデンサを表します。なぜLがコイルなのかは諸説あるようです。気になる方は調べてみてください。 抵抗とリアクタンスとインピーダンス 3つとも電流の流れにくさを表す言葉なのですが、電圧と電流の位相差が生じないものを抵抗と呼び、位相がズレるコイルやコンデンサの電流の流れにくさのことをリアクタンスと呼びます。抵抗やリアクタンスを合成抵抗のようにまとめて、負荷全体の位相のズレや電流の通し ...

4-2アイキャッチ画像

単相交流回路

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】4-2. 位相

位相とは 交流は、一定の周期で行ったり来たりしている波形の要素を持つことは前回学習しました。今回は位相について学習します。位相とは、波形の時間的なズレのことを表します。次のグラフを見てください。電圧に対して電流の波形が遅れて発生しています。周期は全く同じですが、始点が違うので一生ズレっぱなしになります。このように印加した交流電圧に対し、電流が遅れて発生する性質を持つのがコイルです。コイルに電圧をかけると、電圧の波形からはズレて電流が流れます。逆にコンデンサに電圧をかけると、電圧より前に電流が発生したような ...

4-1.交流とは

単相交流回路

2020/3/11

【電験三種 独学講座〜理論編〜】4-1. 交流とは

交流とは 直流は電流の向きや大きさが常に一定ですが、交流は少し勝手が違います。イメージとしては、電気が常に行ったり来たりしており、電流の大きさも刻一刻と変わってゆきます。直流は電池、交流は家庭にあるコンセントに使われています。交流の利点は変圧のしやすさにあります。発電所から発電された電気はとても高圧で、それが電柱の変圧器によって家庭で使える電圧になって電気が配られていきます。そのため、変圧のしやすさがとても重要であるから、家庭用のコンセントは交流なのです。 周波数と周期 周波数(記号:f)とは、1秒間で繰 ...

Copyright© これでわかる電験3種 , 2021 All Rights Reserved.